2017年5月6日土曜日

【フットサルクラブ】5月第1週レポート!!

こばコーチです。
バーモントカップ予選後初のフットサルクラブトレーニング。
バーモントカップ参加メンバーでは残念ながらはゆまが欠席でしたが、それぞれ自チームでの活動でうまく切り替えてくれたようで、いい意味でのいつも通りの顔つきでのトレーニングとなりました。

GWで自チームで公式戦や大会も多くあることと思います。
落ちこんでいる暇はなく受け止めつつも切り替えて、勝ち上がったチームとの差を埋めていくしかないです。
敗戦からチームとして、個人として、フィードバックし課題の克服、上積みをし次へ活かす。
成功体験から得る自信ももちろん大切ですが、敗れたあとこそが心身共に上達、発達のチャンスです。
活かしていきましょう。

【メニュー】
・コーンドリブル

・静学フェイント60種

・1対1

・ゲーム

さて、トレーニングですが、やはり一番の課題に感じた個の力のスキルアップに取り組みました。
フェイント、コーンドリブル合わせて1時間以上みっちりとドリブルに取り組みました。

コーンドリブルによってボールタッチの細かさは当然ですが、ボディバランス、ステップワーク、コーディネーション能力とサッカーの基礎段階として必要な能力の多くを養えると考えています。

加えて、シンプルなボールタッチだけでなくオブリガード流のフェイントを交えながら、イメージ付けも含めて。
正直2時間フルで取り組みたいくらいのメニューでした。

その後のフェイント60種では木部コーチにお任せしてのメニューでした。
フリードリブルの中でゆっくりのペースながら60種ほどのフェイントを絶え間なく。
絶え間なく繰り出すことが大切で、とっさのイメージを増やすことを求めます。
特にフォワードに必要なボディバランス系の動き、フェイントが多く慣れない動きの連続で苦しんでいる選手も多くいましたね。

突破、ゴールありの2種類の1対1も行い、みんな理解しているであろう1対1の守備の対応を、それぞれ感覚的にしっかりとつかんでいく事を求めます。
特にてつ、まさはる、そうたなど後ろをプレーする機会の多い選手には詰めどころ、引きどころ、距離感、体の向き、ステップワーク、スライディング、、、などなど
それぞれ感覚的につかんでくれればと思います。

ゲームでは上級生下級生に分かれて。
拮抗したレベルだからこそ結果にこだわって行いました。
まだまだワイドに取れていない選手、裏が狙えていない選手が多くいたので本番以上にせまいピッチだからこそ今のうちから広く使うような意識を持っておきましょう。

大会が終わり少し心配していたモチベーションの面も気にならずトレーニングできました。(まだまだ求めるレベルには足りていませんが。)
今後もTR-Mなど出来る限り組み込めればと思います。

お疲れ様でした。



OBRIGADO

--
OBRIGADO SOCCER SCHOOL IKEBUKURO

池袋 : ロサ会館屋上フットサルコート
住所 : 東京都豊島区西池袋1-37-12 ロサ会館
神楽坂 : 銀座deフットサル・神楽坂スタジアム
住所 : 東京都新宿区東榎町10−3 市川製本所ビル4F
TEL : 080-4347-4226
Mail :
obrigado.ikeshin@gmail.com
Web : http://obrigado.info/

0 件のコメント:

コメントを投稿